サラリーマンの時代はすでに終わっているのに・・・疑問を持っていきろ!

今回も皆さんに疑問を持って頂きたいのでのです。

何故か親や学校の先生は

 

「良い学校に行け!」

「良い会社に行け!」

「大手企業に就職しろ!」

 

と言うのです。

 

言われるがまま、良い会社、大手企業に就職するために良い大学を目指します。そして、勉強する。もちろん、目標を持って高校や大学を選ぶ人もいますが、ほとんどがいい会社に入るためなどあまいな考えで目指しているのではなでしょうか?そして、いい会社、大手企業に入ればなんとなく幸せになれると思っています。

 

そうなのです。学校では一切お金の稼ぎ方は教えてくれないのです。選択肢は企業に雇われることしか知らないのです。

 

いい会社、大手企業に就職すれば生涯安定する・・・

そこに疑問を持ってほしいのです。

 

バブル時代はすでに終わっていますよ!!

 

終身雇用で定年まで給料を払ってくれる、年功序列で成長期をも約束されてる時代は86年代。サラリーマンで幸せな時代は終わっているのです。

 

平成不況に入り、国内企業の争い激しくなり、グローバル化によりさらに激化。追い打ちをかけるように少子高齢化社会からの年金問題。最近話題の、金融緩和策。インフレは間違いなく進んでゆくのに給料は上がらないアベノミックス。2019年10月、消費税10%へアップ。働き方改革で残業代も稼げない。

 

押し寄せてくる荒波。

危機感と疑問を持ってくださ!!!